まずはルールやマナーを知る

家から出て旅行に行く場合、日本なら公共のルールやマナーを守り、海外でもその国のルールやマナーを守る事がとても大切です。特に海外旅行に出かける時は、よく確認しておくことが求められます。国によっては、ルールやマナーが異なりますし、それを守らないと現地の人とトラブルになるケースも多いです。特に宗教関係のルールやマナーは覚えておかないとトラブルに繋がるケースがよくあります。日本では当たり前のように食べられている食品も、宗教によっては食べてはいけない禁忌とされる食品になっていたりします。海外旅行に出かける時は、郷に入っては郷に従えでルールやマナーを学び、旅行先の国にコチラが合わせる事が大切です。

 

法律関係は更に注意が必要

旅行先でルールやマナーを守らなかったとしても、外国人なら知らなかったということで多めに見てもらえる場合もあります。しかし、法律関係は別です。日本と海外では法律が違い、日本では合法でも海外では違法な事もあります。法律関係はルールやマナーとは違い「知らなかったでは済まされない」ものですので、海外旅行に出かける方は特に注意しなければいけません。最悪の場合、逮捕されてしまったり、日本に帰国するのが遅くなってしまうこともあります。法律を全て理解する必要はありませんが、国によって最低限知っておきたい法律はありますので旅行前に確認をしておきましょう。旅行会社などに聞けば、その点についてアドバイスや説明をしてもらえたりします。